{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【I'm a Lover, not a Fighter.】hear/t チケット:30min【β版】

  • 開催日

    指定なし

  • 開始時間

    指定なし

¥5,000

¥2,500 税込

50%OFF

※こちらは電子チケットです
※別途発券手数料2%がかかります
※※注意事項※※ サービスの利用をお考えのお客様へ ※以下をご一読のうえで電子チケットをご購入ください。 ※ご購入の際は【備考】にご希望日時を第3希望までご記入ください。 ※スタッフが日時調整のうえ、URLリンクを送信いたします。 <hear/tとは> I’m a Lover, not a Fighter.の飯田エリカが あなたの心を開くためのサービスです。 30分を1枠として、飯田エリカがあなたのお話を聴きます。 ・傷ついたことを誰にも言えないでいる人 ・撮影現場などで、違和感を抱いたことがある人 ・違和感を人に話した時、伝わらなかったことがある人 ・この世界のどこにも自分はいない、と感じたことがある人 ・"いなかったことにされてしまった”と感じたことがある人 そんなあなたのために。 <hear/t コンセプト> 心には、服を着せることができない。 たくさんの人が行き交うこの世界で、 今日も、人知れず傷が増えていく。 これがほんとうに傷なのか、日に日にわからなくなっていく。 それほどまでに、傷つくことは私たちにとって当たり前のことだった。 たとえば親しい誰かに、違和感を話してみたとして そのひとの、ぴんときていない眼差しに、また傷ついてみたりして。 たとえば治ったふりをして、勇み足に歩こうとして 気がついたら座り込んでいたりして。 わたしたちは、「傷つきました。」という一言さえも ときに言えずに生きている。 透明にされた傷跡を、世界のだれもが無視しても、 あなたの心が軋んだ音を、せめて私たちは聞き取りたい。 なかったことにはしたくない。 なかったことになんかしなくていい。 だれにも言えない悲しいことも、 悲しんでいいのかわからないことも、 声にならないその声を、そっと話せる場所になれたら。 そう思って、「hear/t」という場所をつくりました。 hear。「きく」こと。 heart。なにより大切な、あなたの心。 傷つけられた心が、ぽつり、ぽつりと話し始められる明日へ。 どうか、あなたの心を聞かせてください。 <飯田エリカからのメッセージ> グラビアを再考するプロジェクト『I'm a Lover, not a Fighter.』をはじめて1年が経ちました。作品を制作、発表していくなかで思っていた以上の壁がありました。 グラビアという形では撮影が叶わないことも多かったです。 愛することを練習するプロジェクトとして取り組んでいくなかで、私たちだけになら話したい、と悲しい出来事について伝えてくれる女の子もいました。 購読者の方とのやりとりもとても心通わせるものが多かったです。 私たちはここにいる、誰のものでもないあなた自身のための愛するための写真作品を撮り続けながら、なかったことにされてしまった心にも触れてきました。 その心をなかったことにせず、もっと聞くべきだと感じました。 あなたの心を聞かせてください。 <飯田エリカ プロフィール> 飯田エリカ Iida Erika 1991年東京都調布市出身。 都立工芸高校デザイン科、日本大学芸術学部写真学科卒業 2013年少女写真家として活動をはじめる。 自らの少女時代の記憶をもとに今だからこそ写せる少女、女の子を撮影した“少女写真”という表現を追い求め作品を制作。女の子たちのための写真活動を志している。“誰にも見つけられないあなたを愛する”写真プロジェクト『I’m a Lover, not a Fighter.』や女の子を撮りたい女の子のためのコミュニティー「またたく女の子たち」を主催している。 ※下記URLの利用規約をお守りいただけない方、並びに主催者がそれに準じる行為であると判断した場合は、やむを得ずサービスの利用をお断りする場合がございます。 【hear/t 利用規約】 https://www.para.mu/tos

セール中のアイテム